必ずきれいになる部屋掃除の仕方をお教えします

必ずきれいになる部屋掃除の仕方があります。まず始めに、いる物といらない物に分けます。ただ、この作業は意外と難しいものです。いつかは使うのではないか?服にしてもまた着るときが来るのではないか?そのようなことを考えてしまうといつまで経ってもいらない物を選べません。ここは思い切って自分なりのルールを作り、1年間使っていなかったらいらない物として、いらない物を選別しましょう。そうすることで自分でも驚くほど物が捨てられます。掃除の仕方のコツはこのいらない物を明確にすることです。いる物を残し、いらない物を捨てることを整理といい、すっきりした部屋を更に使いやすく並べることを整頓といいます。この整頓についても自分なりのルールを作るのが掃除の仕方のコツです。部屋を見渡してみましょう。使う頻度の多い物、少ないものが乱雑に置いていませんか?使う頻度の多い物は取りやすい位置に、少ないものは場所を決めてきちんとしまうことが大切です。このように自分なりのルールを決めて掃除をすると部屋は見違えるようにきれいになります。

家の中で一番臭いが気になるトイレの掃除の仕方

家の中で一番臭いが気になるトイレの掃除の仕方トイレの掃除は簡単そうで、しかし、実はそうでもありません。その理由は臭いが目に見えないからです。本当は、トイレで一番神経を使わなければいけないのは臭いです。そして、臭いが出やすい理由は便器のふちに付くおしっこにあります。男女差別のつもりはありませんが、男性と女性ではおしっこの仕方が違います。男性は立ったままの姿勢で行いますので飛び散ることが多くなっています。ある家庭用品の大手の調査では「便器のふち裏汚れ」が臭いの大元という結果が出ました。次に多い原因が、便器周りの床です。これは男性が飛び散らすことが原因です。また、温水便座と便座カバーを使用していること、そして常に蓋を閉めていることも原因のひとつと指摘されました。このような特徴があるトイレですので、掃除の仕方も自ずと決まってきます。集中的にふち裏をきれいにすることです。その際には、溶液としてクエン酸スプレーが有効です。そのほかには中性洗剤でも代替ができます。クエン酸の場合は二度拭きがいらないという利点があります。

お風呂の簡単な掃除の仕方のポイントを紹介します。

お風呂などの水周りはいつも清潔を保ちたいものですが、ついつい水垢やカビなどが生えてしまいきれいに保つのが難しい場所とされています。しかしいくつかのポイントを押さえることによって、清潔にかつ簡単に綺麗を保つことができます。まず1番大切なのは、お風呂から上がってすぐのワンアクションです。お風呂の汚れのほとんどは皮脂汚れや石鹸カスなどの油性の汚れです。油性の汚れを落とすために必要なのは、洗剤やお湯などですが、上がってすぐのお風呂場は暖かく、その温かさと残り湯を使って簡単に汚れを落とすことができます。洗い場の汚れなどは、浴室の温度が高いうちにスポンジなどでこすり残り水で汚れを洗い流します。浴槽の汚れはお湯を抜いた後、スポンジなどでこすり温水シャワーで流します。まだ浴室が暖かいうちに全体的に汚れを流すことで、皮脂汚れや石鹸かすは簡単にきれいになります。仕上げに冷水シャワーで、浴室全体を冷やすことでカビの繁殖を防ぐことができます。このような掃除の仕方をすることで、毎日気持ちよくお風呂に入ることができます。ただ、毎日続けられたら苦労はありませんよね…ちょっとサボってしまい水垢なんかがこびり付いた場合はスチームクリーナーランキングで紹介されているクリーナーが楽でいいですよ♪